検索したキーワードによって出る広告が異なり、広告に興味を持つ人へ表示できるのがメリットです。

リスティング広告

 

リスティング広告とは、YahooGoogleキーワード検索した際に、画面上部や右側に表示されるテキスト広告です。
検索したキーワードによって出る広告が異なり、広告に興味を持つ可能性が高い人へ表示できるのがメリットです。

 

どのキーワードが検索された時に広告を出すか細かく設定でき、キーワードは競合他社の入札制になっています。

 

例えば、就職、というキーワードで広告を出したい場合、より多くのお金を支払った企業の広告が優先的に表示されます。

 

頻繁に検索される人気の高いキーワードは高額になっており、費用はかさんでしまうでしょう。

 

リスティング広告の運用

 

リスティング広告の運用を行うなら、入札管理予算管理が必須になります。
成果が良いキーワードはより高い金額で入札し、結果が悪いキーワードは金額を下げて調整します。
こうした運用を行うことで効果的なキーワードを確保して、売上をアップさせることが出来るでしょう。
新しいキーワードを探す意味でも日々管理が必要です。

 

広告をクイックする手

予算管理では、広告がどれだけ表示され、何回クリックされたかを確認しなければなりません。

 

リスティング広告では、広告がクリックされる度にキーワードの入札額の金額が発生します。
広告が頻繁に表示されてたくさんクリックされれば、それだけ莫大な広告費用が出てしまうのです。
日によって広告費用の上限を決めておけますが、上限に達しているかどうかは運用しながら確認するのが良いでしょう。
リスティング広告の運用では、入札管理と予算管理が大切になります。

 

慣れて来たら、キーワードの上位を分析し戦略的に狙って行くのが良いでしょう。
除外ワードを選定したり、サブとなるキーワードを確保したりするのも効果的です。
より幅広いターゲットに広告展開するか、現状の広告効果を維持したままコスト削減をするか、方針を決めると分かりやすくなります。

 

リスティング広告の運用は大変ですが、しばらくするとルーチンワークで回せます。
どのような戦略で広告展開をするか決めて運用してみましょう。