その場凌ぎの資金調達方法として、ショッピング枠の現金化は極めて低リスクです。

広告費用の調達法

 

広告資金の札束

 

広告費用はいつの世も経営者を悩ませるものです。
商品やサービスを売るには広告が必要ですが、最終的に黒字になるかは不明瞭です。
最終的に広告費用を回収できるかも見極めなくてはいけないでしょう。

 

なるべく広告費用を抑えて、売上による利益を確保したいと思うのは自然な感情です。
しかし、広告費用を節約したばかりに売上自体が上がらずに赤字になるリスクも潜んでいます。
良くも悪くも広告費用とは、少なからずギャンブル性を秘めているのです。

 

さて、経営者であれば広告費に困った経験があるでしょう。
プロモーションを続けないと売上に繋がらないが、資金が無くなりかけるのは珍しくありません。
リスティング広告の運用で高額な資金が必要な場合もあります。
そうした際に経営者は資金を集めて来なくてはいけないのです。

 

広告費の資金調達

 

銀行から借りる、赤字覚悟で会社の資産を使う、個人で費用を出す、様々な選択肢があります。
中には消費者金融に借金をしてしまい、それが原因で破産するケースも存在します。

 

このようなリスクを避けるために、安全な資金調達法としてクレジットカードのショッピング枠現金化があります。
ショッピング枠は買い物する時にした利用できないものです。
世の中にはそれを現金化する業者が存在しており、仕組みは至ってシンプルです。

 

例えば、現金化業者が販売する100万の商品を買い、95万ですぐに買取ってもらうような方法です。
これで買い物にしか使えないクレジットカードのショッピング枠が現金になります。
100万はクレジットカード会社からの請求になるので、返済への対応も分かりやすいでしょう。

 

何ヶ月も続けられる手法ではありませんが、その場凌ぎの資金調達方法としては極めて低リスクです。
銀行や消費者金融で大金を借りるには、説明する時間や金利が重たい障害になります。

 

ですが、ショッピング枠の現金化はせいぜい30分ほどで完了しますし、カード会社の金利は極めて低いです。
もし広告費用の資金調達で困った場合は、ショッピング枠の現金化を検討してみてください。

 

広告により商品やサービスの売上が上がれば資金の回収は容易なのです。