デザインにこだわったWeb広告はSEO効果で大きな集客効果を得られるケースもあります。

WEB広告のデザイン

 

Web広告はデザインが重要です。印刷物に比べてWebは興味を持たれなかったり、見づらいと感じられればすぐに離脱する(ページを離れる)傾向が強いです。
デザインの内容次第で集客効果は大きく変わるので必要に応じてデザイナーを使うなどコストを惜しまずにデザイン性を高めることも大切です。
Web広告のデザイン方法は大きく分類すると以下の3種類になります。

 

  • 広告代理店にすべて任せる(広告代理店のテンプレートやデザイナーを使う)
  • 独自にWebデザイナーに依頼する
  • 無料もしくは課金制のテンプレートを使う

 

必要に応じて、Web広告バナーだけはデザイナーを使う方法も人気です。
費用的には、広告代理店に任せた方が安い傾向があり、独自にデザイナーに依頼する場合は単価は大きく変わってきます。
広告代理店でもオリジナルデザインを依頼すれば、高品質のデザインを作ってもらえることもあります。大手は優秀な人材を揃えているのでコストパフォーマンスは高いです。

 

業者の規模に関わらず、デザインはセンスが重要です。過去の製作事例を見ながら信頼できそうな業者を使いましょう。
お金をかけたくない場合は既存のテンプレートを使うことも可能です。

 

初めてのWeb広告で効果を見たい場合はお金をかけずにやることもオススメです。

 

デザインが良いとSEO対策を期待できる

 

検索エンジンは訪問者の滞在時間などもチェックしています。
デザインの良さで、訪問者がしっかり内容を見てもらえるかが変わってきます。
良いデザインの広告を作れば、検索エンジンの評価が上がって広告を出さなくても狙っているキーワードで上位表示されることもあります。
検索エンジンの場合は広告である旨を表示されるので、通常表示される情報を中心に閲覧する人も多いです。
デザインにこだわるなどコストをかけたWeb広告を出すとSEO効果によって長期的には広告費を削減できて大きな集客効果を得られるケースもあります。

 

金額と品質のどちらで勝負するか?

 

大量の色鉛筆

Web広告のデザインにこだわるかどうかで重要になるのが、広告の中身です。
セールや安い料金設定など金額で勝負をするのであれば、広告上部の目立つ場所に大きなフォントで金額をアピールすればインパクト抜群です。
デザイン性が劣っていたとしても金額で魅力を伝えられれば問題はないですし、どれだけデザインがよくても割安感のない価格設定だと集客はできません。

 

金額よりも品質重視で選ばれるサービスはデザインも重要です。
信頼性やサービス内容の魅力で勝負する際はWeb広告のデザインがしっかりしてれば信頼や安心にも繋がりますし、類似サービスと比較した強みにもなります。
品質で重視して選んでもらえるような物はWeb広告のデザインにお金をかけたことで、単価の高い物やサービスの売上を大幅に伸ばせるケースもあります。

 

広告代理店に相談する際は、むやみに高いプランをオススメするのではなくデザインの重要性など広告の内容や業種ならではの事情で適切なアドバイスをしてくれるところを選びましょう。