印刷物の広告はインパクトのある見出しを作り、Webとの併用も必要です。

印刷広告に適したもの

 

Web広告の需要が高まっている中で、状況に応じては印刷広告の方が高い効果を得られるケースもあります。
印刷広告に適しているものは、チラシなど不特定多数の人に配信するのであれば、ネット検索をしないで利用するようなサービス。
店舗の立地に応じては店頭広告、ポスター、のぼりなども効果的です。

 

折り込みチラシに適しているもの

 

新聞などの織り込みチラシやポスティングによる広告は、決められたエリア内で不特定多数の人に向けて配信するものです。
地域密着型のサービスはWeb広告よりも高い効果を得られやすいです。
代表的な事例は以下のものがあります。

 

  • 新店オープン
  • セール情報
  • 催しもの(イベント)

 

消費者の多くは近隣の情報をネットで調べません。
新店オープンなど店舗の存在を知らせることや、セールやイベントの開催を知らせるためには印刷広告は効果的です。
単価の高いものはWebで詳細を調べる傾向が強いので、飲食店やクリーニング、日用品など単価が安くて気軽に利用できるサービスの方が印刷物広告との相性は良いです。

 

店頭で活用する印刷広告

 

店舗はお店のなかに入るのは敷居が高いと思われがちですが、店頭でイベントや商品情報をPRすれば、普段は素通りしている人を呼び込める可能性があります。
ショールームなど店の存在感のあるところでは、のぼりが効果的です。

 

現在やっているイベントなどをのぼりでPRすれば通行人はもちろん、車で通行する人にもアピールできます。
ただし、「セール開催中」など情報が少ないのぼりを長期間に渡って出していても通行人からは飽きてスルーされます。
店頭広告は内容を頻繁に変えることが大切です。

 

のぼりはコストが高いですが、ポスターやチラシを店頭に貼っておくだけでも効果はあります。
お店に入らずに売っている物や提供するサービス、セールを含めた料金を告知すれば、そこで興味を持ってもらえます。
お店に入ってウインドウショッピングしない人でも店頭で情報を開示すれば足を停めて見てくれる人は一定数期待できます。

 

店内配布するチラシ

 

印刷された広告

お店を利用した人に向けて行うチラシは印刷物が効果的です。
WebやSNSで案内している旨を告知をするよりも印刷物のチラシを渡した方が見てもらえる可能性は高いです。
携帯ショップやショールームを持つリフォーム業者、カーディーラーをはじめ、サービスを提供する美容院、マッサージなどで効果的です。

 

商談の決まらなかった人に対しての案内のほか、既存顧客や初回利用者にリピート来店を促すためのチラシが定番です。
最近では、サービスを利用する際にSNSでの友達登録やフォローで割引特典をつけるなどしてWeb広告にシフトする動きも活発です。

客の年齢層に応じて、来店客に印刷物とWebのどっちでPRするか選びましょう。

 

Webと印刷物の併用も大切

 

印刷物の広告では、詳細をすべて伝えるよりもインパクトのある見出しを作ることが大切です。
少しでも興味を持ってもらえれば公式ホームページやブログ、SNSで詳細を確認してみようとする人が現れるものです。

 

Web広告でイチから集客する場合は、デザインやインパクトを求められますが印刷物広告で興味を持ってもらえれば簡易的なホームページやブログなどでも内容を確認してもらえます。
印刷広告を出すときもWebとセットで情報を伝える工夫をしましょう。